幸せのレシピに足りないものは?「マーサの幸せレシピ」

スポンサーリンク
映画ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなおはなし?

ハンブルグにある有名レストランでシェフとして働くマーサ

料理のセンスは抜群ですが、カウンセリングに通うほど人付き合いが苦手。

ある日、事故で姉が急死し、1人残された娘リナを、離婚した父親がイタリアから迎えに来る間引き取ることに。

人付き合いが苦手なマーサのように、リナも中々心を開かず、食事もしません。

仕事にも支障をきたし始めますが、助手でやってきたマリオの明るさに、マーサとリナも心をほぐしていきます。

素朴な演出の良作

何も気に衒った演出をせず、シンプルな映画です。

主人公マーサはいつも神経過敏で、ムスッとしていますが、時折見せるシャイな笑顔や戸惑いの表情が見事。

リナ役の子役も同じく神経過敏な思春期の演技が良かったです。

イタリア人マリオ役も、なんとなく暗めのドイツという国で異質の明るさとルーズさがホッとする良い役どころでした。

パスタが食べたくなる

楽しく食事のできないマーサとリナのために作るマリオのパスタがとっても美味しそう!

「リナがパスタを食べるシーン」がこの映画のベストシーンです。

何が入っていないかはわかる

ラストのカウンセリングシーンで、ケーキを試食したマーサと医師との会話。

マーサ「何か違う、、、ベルギー産の砂糖を使った?」

医師「どの砂糖を使ったかわかるのかい?」

マーサ「わかるわけないわ。でも、何が入っていないかはわかるの」

マーサは料理においては、足りないものがわかるように、

自分の幸せにおいて、何が足りないのかがラストにわかります。

ぜひご覧ください!

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました